マンション

賃貸物件を選ぶ時に押さえておきたいのが不動産業者の選び方です。きちんと管理しているところ、信頼できるところでないと後々騙された、とトラブルになってしまうこともあります。そのため賃貸探しの成功例や失敗例もしっかりと情報収集ができているかどうかがポイントになってきます。

地域密着型不動産業者は賛否両論あるところです。地域密着型のメリットとしてはその地域の物件について詳しく、掘り出し物をもっている可能性が高いです。そのため他の不動産業者では見ることがなかった物件を見つけることができる可能性が高くなります。その地域に特化している分大家さんとの繋がりも深く、交渉することができることもあります。

デメリットとしては、取り扱っている物件の数が極端に少なかったり、エリアも狭かったりする可能性があります。自分が住みたいエリアであれば十分メリットになりますが、もう少し範囲を広く調べたいのであればデメリットに感じてしまうかもしれません。

大手不動産業者にはどんなメリットがあるのかという点も押さえておきましょう。このエリア、と限定的に探すのでなければ地域密着型よりも大手不動産業者の方がおすすめです。物件数も多い上にアクセスの良い駅前にあることが多いです。

一方デメリットとして大手不動産業者の場合には自社で管理している物件ではないので、大家さんとの交渉は難しくなります。また、物件の空き状況を確認するのにも時間がかかることが多いです。

大げさな広告を出している会社も要注意な不動産業者になります。誇大広告をしている場合には情報操作で集客をしようとしている可能性が高いので危険です。地域で一番、という広告を出しているのはちょっと危ないかもしれません。不動産業者は別に自社で持っている賃貸物件だけを紹介している訳ではなく、他社のものも紹介できます。そのため地域で一番ということは言えず、逆にそれを謳っている場合には危険な不動産業者かも知れません。

なかには仲介手数料が無料だったり半額だったりするところもあります。仲介料が不動産業者の収入なのに大丈夫なの、と思うかもしれませんが問題ありません。大家さんの方が仲介手数料の代わりに広告代を出しているからです。その分物件が良くなかったり少なかったりすることが多いので、あまりおすすめはできません。

不動産業者に実際に会ってこの人に任せて大丈夫かな、と不安になった時には口コミサイトをチェックしてみるのがおすすめです。そこに物件探しの成功例、失敗例が載っているので信用することができるか判断することができるでしょう。