• ホーム
  • 性行為は男女共に楽しむことが大切

性行為は男女共に楽しむことが大切

人間の場合、性行為は単純に子孫繁栄のための目的ではなく、男女間のコミュニケーションとして捉えられています。
どちらかが一方的に気持ちいい状態になることは望ましくなく、男女ともに楽しむことが重要で、お互いに性行為によって幸せに気持ちになることがポイントになります。

男性の場合、女性と性行為を行うことが一つのゴールになっていますが、女性にとっては逆にスタートであるケースが多くなっています。
男性は、女性のそのような気持ちを理解して、性行為をした後のフォローを大切にする必要があります。
性行為を行った後は関係を切ろうとする男性が少なからずいると言われていますが、女性からすると気持ちを傷つけられることになります。
性行為後のフォローが、男女間の関係を長続きさせる秘訣になっています。

男女ともに性行為を楽しむことに加えて、その後のフォローを大切にすることで、コミュニケーションが深まり、お互いに幸せになれる可能性が高まります。
男性の中には、自分が楽しむため、気持ちよくなりたいがために、コンドームなどの避妊具を着用せずに関係を持とうとする人がいます。
そのような場合には、女性側から、「きちんとコンドームを着用してほしい」と意思表示をすることが大切です。

または、女性が男性にコンドームをつけてあげるという方法があります。
女性が優しい言葉をかけながら、コンドームを着用してあげることによって、男性も受け入れてくれる可能性が高くなります。
コンドームを着用しない性行為は性病のリスクが高く、楽しむためのコミュニケーションが台無しになって、女性側が不安な気持ちの状態で性行為を行うことになってしまいます。

男性は、コンドームを着用するように心がけることが大切になります。
女性側から「今日は避妊具を付けなくても大丈夫」と言われても、性病予防のためにはコンドームを着用することが大切で、男女両方の体を守る意味でも重要になります。

前戯も女性にとっては必要な行為

男性にとって、性行為を行う前の前戯は面倒なものかもしれませんが、女性にとって前戯はとても大切なものです。
性行為後のフォローと同じくらい、前戯を大切に考えている女性が多いとも言われています。

どのような前戯を行うかによって、女性は男性の愛を確認しているとも考えられており、男女の関係を長続きさせるためには、十分な時間をとって前戯を行うことがポイントになってきます。
女性が楽しむことができる前戯としては、男性が優しい言葉をかけながら行うことがキーになってきます。
男性は「目で恋をする」と言われますが、女性は「耳で恋をする」と言われています。

性行為の前に、素敵な声で甘い言葉をかけられながら前戯をされることによって、女性も男性に対して、「もっと気持ちよくさせてあげたい」と感じるようになり、お互いの愛をより深められることになります。
男性が前戯を行う際、女性に対して「どうしてほしい?」などと質問をしながら行うことも一つの方法です。
女性にとって、性行為は重要なコミュニケーションであり、愛する男性との会話を楽しみながら、気持ちよくさせてくれることを心から望んでいます。

そのような場合、女性は遠慮せずに「こうしてほしい」と伝えることがポイントです。
男性は、愛する女性のためであれば、どのようなことであってもしてあげたいと思うものであり、少しくらい恥ずかしい前戯であっても思い切って男性に伝えることによって、より気持ちのいい性行為につなげられる可能性が高くなります。
男性は、女性にとって前戯が必要な行為であることを理解し、性行為の後のフォローなどと合わせることによって、男女間の愛が一層育まれていくことになります。

関連記事