• ホーム
  • 時間を無駄にしてしまう「おとり物件」の多い物件情報サイトはココ!

時間を無駄にしてしまう「おとり物件」の多い物件情報サイトはココ!

本来であれば優良誤認ということでおとり物件自体が違法なのですが、意外と多いという実態があります。このおとりに引っ掛かってしまうと無駄な時間を過ごして、忙しいのにまた探し直しということにもなりかねません。

まずおとり物件はどんなものなのかを知っておきましょう。おとり物件は集客するために架空の物件を掲載をしていたりするものです。これで来店をさせようとしているのです。

例えば相場よりも安い家賃の場合にはおとりの可能性が高いです。架空の相場よりも安い家賃の物件で集客して、その後同じような条件でもっと家賃の高いところに契約させようとしているのです。

他にも仲介先物とサイトに記載されている場合にも注意が必要になります。仲介先物とは他の不動産屋から掲載の許可があるだけで、間接的な立場なので嘘がつきやすいのです。

掲載期間が長い場合にもおとり物件の可能性があります。高条件なのに掲載期間が長いということは空室の有無に関係なく、おとりとして掲載している可能性があるのです。以上のポイントを押さえておくと、おとり物件を見破れるようになります。

更におとり物件を見破る方法として、現地集合での内見ができるかどうか、というのも有効です。おとりで既に入居者がいるのであれば現地集合されるのは都合が悪いですよね。そのため現地集合の内見ができるかどうか、その返答の速さも見破るポイントです。不動産業者が持っている物件は少なく、基本的には委託されていたりするので、物件の入居状況を確認する必要があります。それをせずに大丈夫です、というのであればおとり物件の危険性が高まります。

来店したら既に入居が決まってしまったが似たような物件がある、と言ってそちらで契約させようとしてきます。もしも繁忙期であれば本当にタッチの差で入居が決まってしまいました、というパターンもあり、悪意がない場合もあります。ですがこのようなことがあったらその不動産業者は信用できないので、断った方が良いかもしれません。

それではおとり物件が多いサイトはどこなのでしょうか。HOME’SやSUUMOという大手の会社でもおとり物件は少なくありません。寧ろそういった物件がないサイトはありません。ですが大手のHOME’SやSUUMOになると自社の物件ではない分、更新も遅くて既にないこともあります。必ずしも悪意がある訳ではなく、来店した以上は希望の条件の家を探してくれます。あまりにも多いというのでなければ、気にせずにサイトを利用しても良いでしょう。
引っ越しを検討しているということは家探しにばかり時間をかけている暇はありません。どこがおすすめなのか、自分に合った物件を扱っていそうなのはどこか、口コミはどうか、ということをある程度知った上で使えば効率良く探すこともできます。是非自分たちにぴったりの家を探しましょう。