• ホーム
  • 部屋探しのオンシーズン、オフシーズンはいつ?どう違うの?

部屋探しのオンシーズン、オフシーズンはいつ?どう違うの?

部屋探しをする人が多いのは人生の転機がある1月から3月にかけてです。このオンシーズンになると自分の希望する部屋を探すのも引っ越しをするのも桁違いに大変になります。それではオンシーズンとオフシーズンの違いについて押さえておきましょう。

まずオンシーズンは不動産屋さんもかなり忙しいので、店舗に行ってもなかなか相談できなかったり、電話をしても繋がらなかったりとデメリットも多いです。時間がない上に慌ただしい雰囲気で勢いで決めてしまったものの、実際に住んでみたら良くなかったということも少なくないのです。気が弱い、優柔不断というのであればオンシーズンの部屋探しは難しいかもしれません。

それでもオンシーズンの部屋探しにメリットがない訳ではありません。引っ越しをする人が多いということはそれだけ空き物件数が増えるということでもあります。物件数が多い分選択肢が多く、自分好みの部屋がある可能性もあります。でも急がないと他の人に先に決められてしまうことも多いので、時間がないことには変わりありません。

オフシーズンのメリットは時間をかけてゆっくり見ることができるということです。物件数は減ってしまいますが、比較検討する時間を持つことができます。

実はオンシーズンの場合に部屋が埋まらないということは1年部屋が決まらないということと同じ意味です。オフシーズンに部屋が空いているのであれば、できるだけ部屋を埋めたいと考えています。そのためオフシーズンなら敷金・礼金、家賃の値下げ交渉を有利に進めることができることもあります。どうしても3月までに引っ越しをしなければならない訳ではない、敷金・礼金、家賃の値下げ交渉をしたい、というのであればオフシーズンに部屋探しをする方がおすすめです。

勿論オフシーズンに探すことにデメリットも生じてきます。まずはオンシーズンとは違って、格段に物件数が減ります。優柔不断で物件数が多いと決められない、というのであれば良いかもしれませんが、物件数が少ないのは選択肢を狭めてしまうことになります。

もう一つは、優良物件はオンシーズンの時に埋まってしまっていることが多いことです。良い物件は口コミも良く、居住者の満足度も高いため、すぐに埋まってしまう傾向があります。そのため自分好みの物件が見つかる確率は低くなってしまうことが多いです。代わりに交渉次第では設備のランクアップをお願いすることができる可能性もあるので、悲観しないようにしましょう。